パーカーを着た人

パーカーの収納術

どんなコーディネートにも使える万能な洋服、パーカーは手頃に買えることもあり、つい枚数が増えていきがちですよね。手頃だし可愛いからと買うのは良いのですが、家に帰ってみるとタンスの中はパンク寸前、クローゼットにももう掛ける場所が無い!そんな時はパーカーの畳み方を見直してみましょう。
パーカーで一番収納の妨げになるのが厚みのあるフード部分です。このフード部分がパーカーのポイントなのですが、収納にはかさばってしまう部分でもあります。ですので、なるべく厚みが出ない様、パーカーのフード部分は内側に折り込んでしまうようにしましょう。その際に出来るだけフード部分がぐしゃぐしゃにならない様、整えながら畳んでください。
畳み終わったらそのままタンスの中に重ねて仕舞っても良いですし、丸めてしまうのも一つの手です。くるくると丸めて立ててしまうと一目で何がどこにあるかわかっていいですよね。丸めても緩んできて余計に場所を取る、と言った場合は輪ゴムで止めてしまうのも良いでしょう。ただこの場合急いでいる時にサッと取り出して着るという事が難しくなってしまうので、あまり普段は着ない服限定で輪ゴムをかけて見ても良いかもしれません。スッキリ収納して、お気に入りの服増やしていきましょう。